ハイエース50周年記念特別仕様車。ハイエースは50年を超えても人気がある理由。

ハイエース50周年特別仕様車 ハイエース
◎試す価値あり
代理で値引き交渉をしてくれて、その上 祝い金3万円プレゼント中のようです。
新車最大値引きのイキクル 

※私(管理人)も次に車を買う時は試したいサービスです。どうせ無料なんで。
もし使われたらレヴューを頂けると、すごく嬉しいです^^。

ハイエース が50周年を越えても人気がある理由

初代が、1967年に誕生してから50年を過ぎても、いまだに人気が衰えないトヨタのハイエース。
ハイエースは、商用車としてスタンダードですが、自家用車としても人気があり、国内だけでなく海外でも高い需要を誇っています。

その人気の秘密は、いくつかあります。

その1つ目が、リセールバリューが良いことです。
リセールバリューとは、自動車を手放すときの買取価格が高いことです。
この価格は、車種や利用状況などに左右されますが、ハイエースと他の車種を買取価格で比較するとハイエースのリセールバリューがいいことが分かります。

2つ目は、室内の広さです。
商用車でスタンダードというだけあって、荷物を多く載せられるように無駄のない室内空間になっています。
また、荷物だけでなく自転車、オートバイも載せることができ、シートをアレンジすれば10人乗りにもなります。

そして3つ目は、耐久性です。
ハイエースに採用されているエンジンは、最新式のエンジンではなく旧式ですが、その分長年改良を積み重ねてきているので、高い耐久性を誇っています。
耐久性が高いと評価されている証として、走行距離が20万キロ、30万キロの中古車ハイエースが、他の車種では考えられないほどの高値で取引されています。

この3つのポイントを見れば、50年を越えて、なお国内外問わず人気があることに納得します。

そしてトヨタは、ハイエース50周年の節目に、

特別仕様車50TH ANNIVERSARY LIMITEDを発売しました。
この特別仕様者は、ハイエースの最高グレードであるスーパーGLをベースに、外装、内装ともに落ち着きのある高級感を漂わせた上質な仕様に仕上がっています。

ハイエースにとって50周年は、通過点であり、新たな一歩を踏み出したスタート地点です。
これから先、ハイエースが、どんな姿をみせてくれるのか楽しみにしたいです。

ハイグレードなハイエース50周年特別仕様車

数多くの名車を世界に送り出してきたトヨタですが、その中で不動の人気を誇り、常にこのクラスでトップを走ってきたのがハイエースです。
2018年にハイエースは50周年というアニバーサリーを迎え、特別仕様の50th Anniversary Limitedが発売されました。価格は324万円からというもので、いわゆるハイエースの高級仕様という位置づけです。
とりわけ重厚感のある内装に特徴があり、ブラウンテイストの落ち着きある室内は、シックで大人の雰囲気が漂います。

また、木目調のアクセントのあるパーツ、もちろんレザーシートでハイグレード感が抜群です。
トヨタのヴェルファイアにも近い内装は、ワンランク上の上質感で溢れています。
この特別仕様車は、特別感を出すために、オリジナルカラーも用意され、そのスペシャルカラーとしてグラファイトメタリックというややブラウン系の入ったグレーメタリック調の色をしています。ありそうであまりないオリジナルカラーでの独特の雰囲気を出すハイエースは魅力たっぷりです。

50周年車の車体のエクステリアの特徴としては、LEDヘッドライト、メッキフロントグリル、フルホイールキャップ、50TH ANNIVERSARYバックドアエンブレム、デュアルパワースライドドアといったものがあります。
これまで常に良い車づくりをしてきたトヨタですが、ハイエースは50年という節目を迎え、さらなる安定感と存在感、そして人気を維持し続けることは間違いないです。

 

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://xn--w8j617g4hkzp0csdi.jp/hiace-sale/]

コメント

タイトルとURLをコピーしました