車のフリマサイト『クリマ』ってなんだ!?手軽に車の個人売買ができるのか?

クリマ-車のフリーマーケット クリマ

日刊工業新聞で面白い記事を発見した。
それが車のフリーマーケット『クリマ』というサービスです。

 

フリマサイト『クリマ』がオープン

どうやら2019年5月23日に、このクリマのフリマサイトがオープンするようだ。

って、もうすぐそこですねΣ(゚Д゚)。

まだまだ情報も未開なクリマだが、分かる所をまとめてみた。

 

クリマの運営会社

クリマの運営会社は、
ユニオンエタニティ株式会社
本社:大阪市中央区
代表取締役社長:安部哲史

ちなみにこのユニオンエタニティ株式会社は、車の買取サイト『ハイシャル』や車の輸送サービスサイト『車陸送.com』を運営する会社です。

 

クリマのサービスってどんなの?

『クリマ』は車専門のフリーマーケット。
要は中古車の個人間での売買だ。

中古車の個人売買と聞くと、私は真っ先に『Yahoo!オークション』が浮かんでくる。
他にも『メルカリ』『ラクマ』『ジモティ』なんかでも、ヤフオクほどではないけど出品されています。
そんなヤフオクなどでも既に車の個人売買は行われているので、『クリマ』がそんな真新しいものには思えなかったが、後発の分メリットもありそうだ。

それに『Yahoo!オークション』『メルカリ』『ラクマ』『ジモティ』など車の個人売買が日本でも浸透してきたとはいえ、まだまだ海外のように盛んではありません。
日本で中古車の個人売買は、まだまだこれからのマーケットです。

 

クリマの料金(手数料)

クリマの利用料は、出品者・購入者ともに売買が成立した時に初めて発生する。
そのシステム手数料は、5,000円と他社フリマサービスと比べても最安値だ。

ちなみに会員登録や出品されてる中古車の閲覧やに関しては一切無料とのこと。
これは、かなりいいですね。

あと個人売買で一番面倒とも言える『名義変更の書類の手続き』『車の輸送』に関してはオプションで『クリマ』に依頼することができる。

そのオプションの料金もシステム手数料と同じように、他社サービスに比べ最安値となっているとうたっている。
ココらへんのオプション料金は、どのような金額設定なのか気になるところですね。

 

他社サービスの利用料(手数料)

他社のオークションやフリーマケットのサービスの手数料も調べてみた。

ヤフーオークション

現在、最も車の個人売買が行われていると思われるヤフオクの手数料は、

まずヤフオクで通常のシステム利用料は落札額の10%だが、自動車は『特定カテゴリ』に分類され、システム利用料が異なります。
まず出品にはYahoo!プレミアムの登録が必要で、この会員費が月額498円(税込)

そして、
出品システム利用料:3,024円(税込)
落札システム利用料:3,024円(税込)
出品取消システム利用料:3,024円(税込)

となっており、すんなり1回で売買が成立したとしても、6,048円(税込み)が掛かります。

加えて、出品完了後に取り消したり、ガイドライン違反などで取り消されても返金はありません。
そして再出品(自動再出品は除く)の時にもまた出品システム利用料がかかってしまいます。

車の価格設定を高めに設定して、なかなか売れずに再出品を繰り返し、手数料を多く払ってる人もいてるようです。

 

メルカリ

メルカリは、出品手数料は無料ですが、自動車の場合でも売買成立時に販売価格の10%が手数料としてかかってきてしまいます。
これは、車にもよりますが、かなり高額になっちゃいそうですねΣ(゚Д゚)。
5万円の車なら、『クリマ』と同じ5,000円ですが、車両も限られてきそうですね。。。

 

ラクマ

ラクマはメルカリと同じく出品手数料はかからず、売買成立時に販売価格の3.5%がかかってきます。
でも、これは結構低価格では。
『クリマ』と同じ5,000円の手数料になるには、約143,000円の販売価格なので、メルカリよりは選択車種はありますね。

 

ジモティ

ジモティは、私もよく利用します。
引越しなどで処分したい時にかなり利用しました。

そしてジモティに関しては、一切手数料が掛かりません
ただその名の通り、基本的に地元密着型の情報公開なので、買い手人数がかなり限られます。
なので、あまり高値は期待できない感じです。

私も、値がつかない、もしくは千円・二千円ぐらいで処分したいものは、このジモティーをよく使います。
それなりの値が付きそうなものに関しては、ヤフオク・メルカリ・ラクマをフル活用します(^_^)。

自動車の場合でも、とりあえず出品してみて、運良く買い手が見つかるとラッキーですよね。

 

クリマのメリット

なんといっても個人間の売買なので、車買取業者のような大きな中間マージンもかからず、また消費税もかからないので『買う側は安く、売る側は高く』売買することができる。

また中古車の個人間売買では、高く売ることができたとしても「仲介業者の書類手続きや配送など他のサービスに高い手数料を取られてしまう」という問題があるので、あまり日本では浸透していない要因にもなっています。
でも『クリマ』は同社が運営・提供する中古車の買取りサイトの『ハイシャル』と、車の輸送サービスサイト『車陸送.com』連携することでこれらの問題を解決しているとのこと。

なので、面倒な『名義変更の書類の手続き』『車の輸送』に関しては、『クリマ』のオプションにあるので、手軽に中古車の個人間売買を行うことのできるサービス。

 

ちなみに料金比較した『Yahoo!オークション』『メルカリ』『ラクマ』『ジモティ』ではこのようなオプションはないので、自分で手続や手配をしないといけないです。

ただメルカリでは、輸送の代行と同時に名義変更の手続きも代行してもらえる「輸送+名義変更サービス」というものを謳っていたが、単純に代行サービスの会社を紹介しているだけだった。
ついでにその代行業者は下記の2社。
・株式会社ゼロ
・東西海運株式会社

 

クリマは今後アプリも展開

日刊工業新聞をみるかぎり、クリマは今後アプリも展開していくようだ。
そうなると、ますます気軽で簡単に自動車の個人売買ができそうですね。

 

クリマに保険や保証はある?

やはり個人売買のデメリットが未払いや故障など売買時のトラブル

保険や保証に関してはまだ不明であるが、もしそこら辺もオプションなりであると、『気軽』に『安心』も加わって車の個人売買ができそうなので、期待したいところ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました