トヨタ・ノアの納期について

ノア-納期 ノア
◎試す価値あり
代理で値引き交渉をしてくれて、その上 祝い金3万円プレゼント中のようです。
新車最大値引きのイキクル 

※私(管理人)も次に車を買う時は試したいサービスです。どうせ無料なんで。
もし使われたらレヴューを頂けると、すごく嬉しいです^^。

ノアの納期の目安

いよいよ発売された新型のトヨタ・ノアは、トヨタの人気ワンボックスカーです。
今回のモデルチェンジで、ハイブリッドモデルも発売されました。
発売前受注が、1万2千台と売れ行きは大変好調なようです。
発売当初は、納期は4ヶ月と大変長かったようですが、6月ごろにはガソリン車の納期が2ヶ月程度、ハイブリッド車が1ヶ月半程度、現在はガソリン車、ハイブリッド車ともに、納期は1ヶ月程度に落ち着いているようです。

ガソリン車の方が納期が長い傾向にあるのは、ガソリン車の方が人気があるからのようです。
価格が、ハイブリッド車で約293万円?、ガソリン車で約224万円?とその差は、約70万円です。この差を埋めるには、年間1万km走行したとして、10年以上かかる計算になるのです。
燃費は、カタログ値ハイブリッド車で23.8km/L、ガソリン車で16km/Lです。この、ガソリン車の燃費は、他社のハイブリッドミニバンに匹敵する燃費の良さで、この点でもガソリン車が人気なのだと思います。

トヨタ・ノアは、運転のしやすさも魅力です。大きなフロントガラスで、視界がとても広く、LEDヘッドランプで、視認性も良好です。
S-VSCで滑りやすい路面でも、車の動きを制御してくれます。
ドライブスタートコントロールで、急発進や急加速を抑制してくれる点も安心です。
室内高は、1400mmと子供でも立てる高さで、低床なので、乗り降りもとてもしやすいです。
スライドドアの開口も広いので、荷物の乗せ降ろしも快適です。
さらに、サードシートはすっきりと格納され、自転車などの大きな荷物も楽に乗せることができます。
7人乗りでは、セカンドシートがキャプテンシートになっており、このシートは、ボタン一つで横や前後に移動します。家族で遠出の際に、コミュニケーションが増えそうな、シートアレンジが可能です。

現在、トヨタ・ノアの納期は、ガソリン車、ハイブリッド車とともに納期は1ヶ月程度ですから、1度検討されてみてはいかがでしょうか。

 

今、トヨタノアを購入すると納期はどれくらい?

待ちきれないノアの納期は大体いつ頃?
ショウルームに行き、何回も何回も検討しながら最終的に自分の求めていた車を見つけ、注文したら毎日が車の事で頭がいっぱいになるでしょう。
そうなると、納期が待ち遠しくてたまらないですよね。

そんなあなたのために、今回はトヨタノアの納期についてまとめてみました。
まず、トヨタノアを注文してから約1か月前後で納車してもらえる。
なんていうのはメーカーとしてのトヨタの営業マンの発言であり、本当にその期間で発注してから届けてもらうのにできると思いますか?もし納車してもらうことができたら、ラッキーかもしれません。
時季にもよりますが、発注してからおおよそ最高で6か月未満、平均して、2~3か月程が納車までの期間ではないでしょうか。

なんでそんなに待たなければいけないの・・・?って思った人もいるでしょう。
順に理由をお話ししましょう。
発注してから工場での製造作業による進行状況や勿論オプションなどをどれほど加えたかにもよりますし、キャンペーンやモデルチェンジした時期も、今やエコカー減税対象車なんかもあるので、更に生産すら追いつかないほどの製造台数の注文が入ってしまうと、また、納期が延びてしまうかもしれません。
今回、ノアもエコカー減税の対象車になるのが有ります。
それは、X・Vパッケージの7人乗りもしくは8人、X・G、Si、ハイブリッドXタイプ、そしてGタイプなどが適応される。

そもそもエコカー減税とは?
そもそもエコカー減税車になると、自動車取得税の軽減措置がとられるのは、平成29年3月31日までで、自動車重量税の軽減措置が平成29年4月30日までの新規の自動車登録された人が対象です。
ですから、今の時期ですとこういった事が重なってくると、納期にずれが生じても仕方がないのかもしれません。
それに、営業マンも、はっきり言って、いつ納期出来るのか製造現場にいるわけではないので、結局、工場から実際ショウルームに届けられて初めていつ納車できるのかが判断できる次第です。

ここで、いつですか?と聞いてみるとはっきり答えてもらうことができるでしょう。
つまり、車検証の手続きも、この時点でできていることもありますし、書類不足で手続きが多少の伸びることはあるかもしれませんが、もうすぐで納車です。
お待ち同様です。

営業マンの言葉を鵜のみにしていたら、待てども待てども手元に届けられません。
それどころかだんだんイライラしてくることも。
中には不安になる人も。

そこで、営業マンに連絡を取ってもあともう少しです。
・・・とだけは教えてくれます。
なんともこういった必要不可欠な物を売買している営業マンは売れるまでは丁寧、親切。
本当にそう思うべきなのか?

昔・・お客様は神様・・
なんていっていたこともありましたね。
今や、営業マンこそ神様だ・・・と言わんばかりに接してくる。
でもこちら側もしっかりした応対をすれば簡単に1か月なんては言えないでしょう。
もしそう答えたとしても、いや・・・売った後の気付かいこそ真の営業マンだと思いますし、例え納車がずれてもしょうがないかなとも思えるからです。
本来の話から脱線してしまいましたが、まず、注文した時、今の発注状況を教えてもらい、そこから、さかのぼっていつぐらいになるかを判断してもらい、それに気持ち1か月ぐらいを見ていただけたら妥当ではないでしょうか。

本当にそれぐらいはかかるの・・・
でも、かならずしも、1か月さかのぼるわけではない。
実際、予定の1か月ほどで納車された人もいます。
こればっかりは本当に何とも言えないので、やはり工場の製造状況で変わります。
ですから、ここは営業マンにしっかり、状況を判断してもらうのがいちばんです。

他の方法もあります
どうしても新車のノアで無ければならない理由がなければ、中古という選択もあります。
つまり、中古車販売店で気に入ったノアを見つけてしまえば、納車まで時間がかかりません。
どうですか?新車同然のノアを見つけ、あとは整備と名義を変更するだけなのでとっても簡単です。

いかがでしょうか?どちらの方法で購入するにしても、ノア選びを楽しんで、納車される日までも楽しめる感覚だといいですね

 

●お役立ち

コメント

タイトルとURLをコピーしました