日産ノートの値引きレビュー

日産ノート ニッサン
◎試す価値あり
代理で値引き交渉をしてくれて、その上 祝い金3万円プレゼント中のようです。
新車最大値引きのイキクル 

※私(管理人)も次に車を買う時は試したいサービスです。どうせ無料なんで。
もし使われたらレヴューを頂けると、すごく嬉しいです^^。

日産ノートの値引きみんなのレビュー

[cc id=2073]
【スマホやタブレットだと購入時期・地域などが隠れてますが、車種名をクリック(タッチ)すると表示されます】
車種グレード車両
値引き額
オプション
値引き額
車両
本体価格
購入時期購入地域名前
(ニックネーム)
ノート e-POWERMEDALIST FOUR24万円8万円2,569,320円2019年3月東京都夏目
いくつかの車種の見積もりをもらうことが大切だと思いました。

私は、長年乗っていた軽自動車から日産ノートへ買い換えることにしました。中古車も視野に入れて探していましたが、やはり新車が欲しくなり、欲しい車種を決めました。
でも、買うならできるだけ安く買いたいところです。そのため、本命の車種に似た車種も、いくつか見積もりをもらうことにしました。

まずは、本命ではない車種を販売しているディーラーに行きました。そこで試乗をして見積もりももらいました。ほとんど割引がない状態だったので値引き交渉をすると、少しだけ安くなりました。でも予算には全然収まりません。

その次に、本命の車種を販売している日産ディーラーに行きました。同じように試乗をして、見積もりをもらいます。はじめは値引きがない状態なので、前に試乗した本命でない車種と悩んでいることを伝えました。
そうすると、予算を聞かれたので答えると、その値段でいいと言われました。驚きましたが、支払いやオプションにいくつかの条件があります。別に難しいことではなかったので、それで承諾して予算内で新車の日産ノートが買えることになりました。
ノート e-POWERX20万円15万円211.68万円2018年3月千葉県ヤマナッシー
転職で勤務先が変更になったことがきっかけで購入しました。
車には詳しくないので、運転が簡単で燃費のいいものが欲しかった。

アクセルだけで加速と減速ができるワンペダル、かなりいいですよ。
友達が言うには慣れが必要らしいのですが、元々車に乗ることも少なかったからあんまり違和感なし。
信号が変わったときの出だしが速いし、停車中の車内も静かなのが最高です。

それと、店員さんの受け売りですが、安いグレードにはエアコンが付いてないそうです。
最初は安く済ませようと思ってそのグレードを選んでたので、買う前に教えてもらえて助かりました。

他にもオススメのオプションも見せてもらえたので、良さそうなのを選んでいくと、結構なお値段なのに本体と合わせて値引きもしてくれましたよ。
次もまたお世話になりたいお店です。
ノートe-POWER X9万円1万円1,959,120円2017年2月香川県大介
以前乗っていたミニバンが古くなり、子供たちも大きくなり、大人と遊んでくれないようになったのもあり、大きい車体をもてあますと感じたので、燃費の良いコンパクトカーを検討していました。
初めはハイブリッドを中心に探していたのですが、アクアユーザーは多いし、フィットは見た目が気に入らないと悩んでいる中、日産の営業マンが、e-POWERはハイブリッドじゃなくて、自分で発電できる、電気自動車なんですよ!というので、実際に試乗してみると、コンパクトカーとは思えない加速に正直驚きました。
走行自体は完全にモーター駆動となっているので、初期加速は2リッターエンジン並みかそれ以上と感じました。
コーナーリングマナーもよく、乗っていて楽しい!また、エンジンがあまりかかることが無く、かかったとしても2000回転ほどで抑えられているので、エンジン音が気になる事はほとんどありません。
ここで他の選択肢は消え去り、一気にノートに傾き、商談、成約となりました。
リチウムイオンバッテリーの耐久性が気になりますが、末永く付き合っていけそうです。
ノートX6万円20万円145万円2016年9月奈良県奈良市ボブ
私は、小型車で乗りやすそうな車を探していました。
そのなかでトヨタのヴィッツやホンダのフィット、日産のノートを候補としてディーラーに見積りを出してもらいました。
そのなかで日産を選んだのには理由があります。
まず日産のディーラーは余計なオプションを着けようと交渉をしてこなかったことです。
いらないオプションは着けなくても大丈夫ですと、私に言ってくれたことが、他社とのディーラーと全然違いました。

次に値下げ幅でした。
他社のディーラーは最初の見積りのときは、足元をみてほとんど値下げに応じてくれませんでしたが、日産のディーラーは当初から出来るだけのことはすると、最初からそれなりの値下げに応じてくれました。
こうした誠実な対応を受けた結果日産のノートを選ぶことにしました。
ノートX DIG-S35万円0円171万円2016年6月兵庫県ゆういちろう
スズキ・ワゴンRが2回目の車検を迎えたこともあり、日産ノートへと乗り換えました。

ノートを選んだ理由としては室内の広さと燃費が良く価格とのバランスが優れている点でした。最初に実車を見に行った際に作った見積もりだと、車両価格から気持ち程度の額が引かれている程度でしたが、2回目にディーラーへと足を運んだ時には担当者も私が本気で購入を考えていると思ったのか、オプション値引きは0円でしたが車両値引き額は35万円という思い切った値引きを提案して来ました。

私は合計で20万円位の値引きが限界だろうと思っていたので、この値引き額は驚いて購入を即決しました。担当者もタイミングが良かったので普段以上の値引き額を提示することが出来たと話をしていました。
ノートニスモS10万円20万円280万円2015年2月栃木県じゃく
会社の人と車の話になり、主人がフェアレディZに乗りたいと言ってるんです~と話したら、知り合いのディーラーを紹介して頂きました。
なんと、フェアレディZなら、100万値引きします!と言ってくださいました!300万で買えるなら、と本人は即決な勢いで買う気満々。
ここからなぜ今の車になったのか。

私が2人しか乗れないし、維持費多くかかるし、今の車が軽だからもっと実用性がほしいと渋っていたからです。
すると営業さんが、ノートニスモを見せて下さいました。まだ出たばかりなので乗ってる人少ないですよ。と。この言葉も主人の心に響いた模様!
デザイン、マニュアルな点も主人は気に入った様で早速試乗に。とても気に入り、私も、これなら5人乗れるし、荷物も詰めるし維持費もZほどではないからとOKを出しました。

ニスモシリーズは正直、値引きは期待していませんでしたが、紹介頂いた程もあるし、ニッサンのクレジットに契約頂いたしと本体をこっそり限界の10万円、最新ナビとETCをタダにしていただき、この値引きに至りました。

日産ノートの値引きをアップさせるための 1つのポイント

日産ノート購入をするとき、まず何を一番最初にすると思いますか?
いきなりですが、ディーラーの担当者に対して、値引き要請をします。

新車で購入するにあたり、ほぼ定価より少し安く提示はしていますが、その駆け引きが面白いのです。
でも、どこに重点を置くのか難しいところですよね。
営業マン自身も売れれば成績になるし、購入側である私の方も、値引きにより、検討する材料が増えるということになります。

ただ、あまり値引きをしたがらないディーラーさんもいらっしゃいます。
お得に購入できる方法といえば、エコカー減税を利用することです。
これが今一番の得策になるのかもしれません。
増税になるに伴って、終了するといわれつつも、まだ、続いているエコカー減税です。

どのぐらい値引きを依頼してもいいのかそのさじ加減は実に難しいのです。
日産ノートの購入は価格が高い分、資金もそれなりに必要ですが、上手く値引きがしてもらえなかったらどうするか・・。
提案してみるのもいいかもしれません。

値引きが難しいなら、何かを付けてもらうというのもありかもです。

 

競合車種の値引き見積書を持ち込む!

日産ノートは外のメーカーの小型カーとは異なり少し難航しているモデルなんです。このお陰で、仮にフィットというような10万円値引きお見積り書なんかを保持して行くと、それを上回る値引きがもらえる見込は広がります。前もって日産ノートより当たっている競合車両の見積額を何軒かストックし、「他じゃあこんだけ値引いていただけるのだけど…」とセールスマンに告げれば、セールスマンの闘志に火が着いて結構な日産ノートの値引きが手に入ると考えられます。

 

オーダーリクエストのランクを割高に決める

日産ノートの交渉を繰り広げる折、オーダーリクエストランクは積極的に高いレベルに組みたてるのです。日産ノートに関わらず、何年かのちの買い取り額は下位のグレードであればあるほどダウンし易いです。将来日産ノートとは異なるクルマに入れかえる状況でのことを願うなら、より上のグレードをゲットしておいた方がトータル出費は小さくできる要素が強くなっていくのです。
更に、日産ノートの最高級グレードで見積価格を貰って値段の駆け引きをし、じわじわとご予算に応じてグレードを落としていくプランも実用的です。このやり方ならセールスマンも「日産ノートがご予算に済めば締結できそうだ」と想定し、ディスカウント範囲が大きくなる見込がアップします。言うまでもなく、ご予算は現実と比べて低めにすることが大切です。

 

日産ノートを購入する際は値引き交渉は欠かせない

日産ノート購入に値引き交渉はつきものです。交渉すると嫌がられるなどと考えず、交渉しましょう。しぶとく交渉すると大きく値引きする場合もあり、交渉しない方には値引きはしません。
ノートはディーラー・中古車販売店のどちらでも購入できます。下取りを利用するならディーラーでの日産ノート購入がお勧めですが、今までのメーカーと異なるものを購入したい場合には、どちらからの購入でも利用できます。
ディーラーでの車の価格は、時期によって大きく値引きされることもあり、交渉次第で価格は大きく変化します。お勧めは3月です。3月に成約できるように交渉を勧めます。中古車専門店での下見をして、車の価格を知ったうえでの交渉が必要です。中古車専門店ではノートを初回車検を終了した分、安く設定されていることが多いので、その価格を目指してディーラーでの交渉をしてください。
オプション値引きの場合は、車の値引きと別に交渉します。メーカーオプション・社外オプションなど、自分に合わせたオプションの値引き交渉は大切です。

タイトルとURLをコピーしました