ヴェルファイアの燃費とハイブリッドについて

ヴェルファイア-燃費とハイブリッド ヴェルファイア
◎試す価値あり
代理で値引き交渉をしてくれて、その上 祝い金3万円プレゼント中のようです。
新車最大値引きのイキクル 

※私(管理人)も次に車を買う時は試したいサービスです。どうせ無料なんで。
もし使われたらレヴューを頂けると、すごく嬉しいです^^。

ハイブリッドカーにも負けないヴェルファイア!

ハイブリット車と聞くと同じトヨタのプリウスやアクアが有名ですが、ヴェルファイアにもハイブリットエンジンを搭載した車種があるのです!
まずヴェルファイアの特徴は車内の高級感ですがそれとは裏腹にハイブリッドエンジンで環境や燃費に気を使ってるというところもヴェルファイアの大きな特徴の一つです。

従来のヴェルファイアハイブリッドのエンジンですが、グレード『X』の場合は燃料消費率が1リットルあたり11.6キロメートルと良好な燃費水準ですが、それと新型ヴェルファイアハイブリッドを比較した際は、1リットルあたり18.4キロメートルと6.8キロメートル分もの燃費が改善されているということがわかります。

これらの低燃費をサポートする技術はさまざまで、自然吸気でも素早く加速感が得られる2.5Lの2AR-FXEエンジンの採用やEV用バッテリーにニッケル水素バッテリーを採用したりパワーコントロールユニットが強化されているのでガソリンと電気のエネルギーを最大限に発揮できる機構を採用しているといえるのです。

また、そのほかにもダブルウィッシュボーンのリヤサスペンションを採用することで後部座席の乗り心地も十分に改良されていますから走行性能には文句なしでしょう。

ちなみにハイブリッドの場合、車体本体の値段が少し高くなるのですが、ハイブリッドになった分燃費性能も格段に上がりますので月々のガソリン代を抑えることができます。

しかし、どうしても安い値段で購入したいという場合は値引き幅がありますので販売店さんに交渉して割り引いてもらったり状態の良い中古車を探してみるようにしましょう。

最後に、宣伝や広告を見る限りだとワイルドであって低燃費というイメージが無いヴェルファイアですが、ヴェルファイアハイブリッドには環境だけでなく経済的にも大きなメリットのある車、いわゆるイメージとのギャップがある車かと思います。

ヴェルファイアが気になる方は、お近くの取扱店さんで試乗・見積もりしてみてください!

 

ヴェルファイアの燃費が悪い?!

ワゴン車やミニバンと聞くと非常に燃費が悪い乗り物だなあというイメージをもたれる方は多いかと思いますが、トヨタから販売されているヴェルファイアの燃費性能はそれらのイメージを覆すものとなっています。

それはトヨタといえばハイブリットカーであるプリウスなどが有名ですが、そのハイブリットカーの技術がヴェルファイアにはふんだんに利用されているからなのです。

まずヴェルファイアHYBRID ExecutiveLoungeシリーズのエンジンはその名の通りハイブリッドエンジンを搭載しており、トヨタ独自の排出ガス再循環システムで効率的にガソリンを燃焼させることで燃費を抑えることに成功していますし、それと同時に独自の変速機を用いることでモーター駆動からエンジン駆動へと無駄なく動力源を切り替えることができるのでエネルギーロスが従来機より格段に減ったのです。

また、EV用バッテリーにもニッケル水素バッテリーを採用していますので信号待ちの静かな走り出しパワーはもちろん、夜間の車庫入れや駐車などには近所迷惑にならないようなドライブを実現することができます。

ちなみに、ハイブリッドエンジンが搭載されていないモデルにおいても旧型のヴェルファイアと比較した際には燃費が1リットルあたり1.6kmも多く走行できるようになっていますのですべてのシリーズにおいてミニバンとしての燃費性能が優れているといえそうです。

また、ハイブリッド搭載モデルはお値段が普通のガソリン車モデルのものよりも1.5倍から2倍以上の価格に設定されているものもありますので
予算や環境に見合った見積もりを行っていくうえで、本体・オプションを含めた値引き交渉をしっかりと行っていきましょう。

ヴェルファイアは燃費性能と走行性能、そしてカッコよさを兼ね備えた従来とは違ったミニバンといえますから、この機会にぜひヴェルファイアの乗り心地や燃費の良さを試乗を通して実感してみてください。夢が膨らみます(^_^)。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました